コンバートEVを作ろう12月度開催改造電気自動車教室

改造電気自動車(手作り電気自動車)教室で、既存のエンジンを降ろしたところへモーターを組み替える実習を通じて電気自動車の基本コンバートを学習できます。

超小型モビリティガイドラインが6月に発表され、地方の中小企業でもEV(電気自動車)であればビジネス参入のチャンスもあります。

改造キットの部品をどの場所に取り付け、どういう方法で取り付け、安全面、乗りごこち、見た目のベストな取付方法を学ぶことで自分で改造が可能になります。

現存するすべの車が電気自動車になるわけではありません、しかし天災や災害で、電気自動車に搭載している蓄電池が非常電源として有効であることが判りました。

新潟県では、改造電気自動車の需要を喚起し、市場拡大が期待される電気自動車関連産業の育成を図ることを目的として、電気自動車への改造費補助の募集を行なっています。

○改造電気自動車教室 12月度

期 日 / 2012年 12月5日(水)・6日(木)・7日(金)の3日間

改造電気自動車教室詳細ページ

http://ecoschool8.com/2012school12.html

改造電気自動車教室参加者体験談

http://ecoschool8.com/2012school10.html

 【教室に関してのお問い合わせ】
EVhonda株式会社
 広報Web担当 川瀬

所在地
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716

◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/

◆エコスクール

http://ebs98550.www-looker.info/wordpress/

◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

 

 

 

 

 

EVガイドラインを網羅するコンバートEV(手作り電気自動車)の仕組みを学ぶ1月開催改造電気自動車教室

改造電気自動車教室1月開催ではコンバートEV製作を通してその構造を知る。中小企業でもコンバートEVや超小型モビリティであればEVビジネス参入のチャンスあり。新潟県ではコンバートEV製作に補助金を申請できる期間の延長が決定。

EVガイドライン施行で2012年7月から難しくなった改造申請の段階であきらめてしまう方が多い中、改造電気自動車教室へ参加した生徒さんたちは次々とナンバーを取得できております。

改造電気自動車(手作り電気自動車)教室で、既存のエンジンを降ろしたところへモーターを組み替える実習を通じて電気自動車の基本コンバートを学習できます。
超小型モビリティガイドラインが6月に発表され、地方の中小企業でもEV(電気自動車)であればビジネス参入のチャンスもあります。

改造キットの部品をどの場所に取り付け、どういう方法で取り付け、安全面、乗りごこち、見た目のベストな取付方法を学ぶことで自分で改造が可能になります。

新潟県ではコンバートEV製作に補助金を申請できる期間の延長が決定しました。

○改造電気自動車教室 1月度(コンバートEV製作実習)
期 日 / 2013年 1月9日(水)・10日(木)・11日(金)の3日間
改造電気自動車教室詳細ページ
http://ecoschool8.com/2013school01.html

※教室参加者のコンバートEVナンバー取得状況
http://ecoschool8.com/

【教室に関してのお問い合わせ】
EVhonda株式会社
広報Web担当 川瀬
所在地
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716

◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/

◆エコスクール
http://ebs98550.www-looker.info/wordpress/
◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

 

 

コンバートEVを作ろう3月度開催改造電気自動車教室

2012年超小型モビリティのガイドライン発表後EVhonda(株)には小型モビリティに関する問い合わせも多く、
弊社所在地新潟県では2013年1月に小型モビリティの県内実証実験のための協議会が発足した。
今後地場産業にどれくらいの普及活動が周知されその後の経済効果をもたらすことが出来るのか排気ガスゼロの取り組みとして注目される。

コンバートEVと違い、小型モビリティは各都道府県別に実証実験を行う為地場産業企業がどのような形で参加できるかが大きなポイントとなる。
小型モビリティであれば地方の中小企業でもEV(電気自動車)でもビジネス参入のチャンスもあることから、2013年3月開催をする改造電気自動車教室では小型モビリティも視野に入れながら改造実習を行う。

○改造電気自動車教室 3月度(コンバートEV製作実習)
期 日 / 2013年 3月6日(水)・7日(木)・8日(金)の3日間
改造電気自動車教室詳細ページ
http://ecoschool8.com/2013school03.html

※教室参加者のコンバートEVナンバー取得状況
http://ecoschool8.com/

【教室に関してのお問い合わせ】
EVhonda株式会社
Web担当 川瀬
所在地〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716
◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
◆手作り電気自動車教室
http://ecoschool8.com/2013school03.html
◆エコスクールEVブログ
http://ebs98550.www-looker.info/wordpress/
◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/
 

 

 

 

 

 

 

手作り電気自動車を作ろう11月度開催改造電気自動車教室

新潟県での改造電気自動車補助金の申請は新潟県内の企業(団体)や個人にも補助金申請のチャンスがあります。
新潟県では、改造電気自動車の需要を喚起し、市場拡大が期待される電気自動車関連産業の育成を図ることを目的として、電気自動車への改造費補助の募集を行なっています。

改造電気自動車(手作り電気自動車)教室で、エンジンを降ろしたところへモーターを組み替える実習を通じて電気自動車の基本コンバートを学習できます。
改造キットの部品をどの場所に取り付け、どういう方法で取り付け、安全面、乗りごこち、見た目のベストな取付方法を学部ことで自分で改造が可能になります。
現存するすべの車が電気自動車になるわけではありませんが、整備工場でもEVビジネスに参入できるという点は大きなビジネスチャンスになります。
また、天災や災害で、電気自動車に搭載している蓄電池が非常電源として有効であることが判りました。

○新潟県では、電気自動車への改造費用の補助制度を創設。
1 補助対象者:県内の個人又は企業(団体)
2 補助対象経費:電気自動車への改造に要する経費
3 補助金交付額:1台あたり300千円
4 募集期間:平成24年11月30日(金)まで
5 その他:電気自動車への改造は、県内で行うものとする。

【補助金のお問い合わせ先】
産業振興課新エネルギー資源開発室 松田室長、末崎
電話025-280-5256(直通) 2838(県庁内線)
詳しくは新潟県のHPをご確認下さい。
HPアドレス http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/1337119247051.html

○改造電気自動車教室 11月度
期 日 / 2012年 11月7日(水)・8日(木)・9日(金)の3日間
改造電気自動車教室詳細ページ
http://ecoschool8.com/2012school11.html

改造電気自動車教室参加者体験談
http://ecoschool8.com/2012school09.html

【教室に関してのお問い合わせ】
人間行動科学研究所
広報Web担当 川瀬
メール:info◆loop8.jp ※◆を@に変えて下さい。

所在地
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716
◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/
◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

 

 

 

10月度開催 手作り電気自動車教室EVガイドラインを網羅するカリキュラム

地場産業でもEVであればビジネス参入のチャンス。手作り電気自動車教室10月度開催
地場産業からEV(電気自動車)であればビジネス参入のチャンスがあります。EVの構造を知りコンバートEVの製作を行う10月度手作り電気自動車教室を開催。

 

地場産業の育成にEV(電気自動車)であればビジネス参入のチャンスがあります。
コンバートEVは、エンジンを外し電池、モーター、ドライブ・ソフト等の技術的な課題をクリアー すればEV事業へ参入することが可能です。

手作り電気自動車(改造電気自動車)教室で、エンジンを降ろしたところへモーターを組み替える実習を通じて電気自動車の基本コンバートを学習できます。
改造キットの部品をどの場所に取り付け、どういう方法で取り付け、安全面、乗りごこち、見た目のベストな取付方法を学ぶ。

現存するすべの車が電気自動車になるわけではありませんが、ベンチャー系企業であれば電気自動車でEVビジネス参入できるという点は大きなビジネスチャンスになります。
また、天災や災害で、電気自動車に搭載している蓄電池が非常電源として有効であることが判りました。

10月度手作り電気自動車教室
期 日 / 2012年 10月3日(水)・4日(木)・5日(金)の3日間
手作り電気自動車教室詳細ページ
http://ecoschool8.com/2012school10.html

教室参加者・宮城県内では初めてとなる改造EVのナンバーを取得。
http://youtu.be/38QTbpqIjC0

 

【お問い合わせ】
EVhonda株式会社
広報Web担当 川瀬
メール:info◆loop8.jp ※◆を@に変えて下さい。

所在地
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716
◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/
◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
◆エコスクールEVブログ
http://ebs98550.www-looker.info/wordpress/
◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

 

ベンチャー系企業でも電気自動車であれば参入のチャンスがあり。改造電気自動車教室

自動車生産では、生産ラインを持たない ベンチャー系企業でも電気自動車であれば参入のチャンスがあります。
電気自動車は、エンジンと言う複雑な動力装置に変わって、電池、モーター、ドライブ・ソフト、エアコン等の技術的な課題をクリアー すればEVビジネスへ参入することが可能です。

 

すべの車が電気自動車になるわけではありませんが、今までの数%はベンチャーの電気自動車で参入できるという点は大きなビジネスチャンスになる。
また、今回の震災で、電気自動車が非常電源として有効であることが判りました。
各自冶体が所有する公用車のうちの半分ほどを電気自動車にし非常時に並べて移動電源としてに役立てたりできます。

てづくり電気自動車(改造電気自動車)教室で、エンジンを降ろしたところへモーターを組み替える実習を通じて電気自動車の仕組みを学習できます。
コンバートする場合、改造キットの部品をどの場所に取り付け、どういう方法で取り付け、安全面、乗りごこち、見た目のベストな取付方法を学ぶ。

 

9月度てづくり電気自動車教室
期 日 / 2012年 9月5日(水)・6日(木)・7日(金)の3日間
てづくり電気自動車教室詳細ページ
http://ecoschool8.com/2012school09.html

教室参加者・宮城県内では初めてとなる改造EVのナンバーを取得。
http://youtu.be/38QTbpqIjC0

 

【お問い合わせ】
EVhonda株式会社
広報Web担当 川瀬
メール:info◆loop8.jp ※◆を@に変えて下さい。

所在地
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716
◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/
◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
◆エコスクールEVブログ
http://ebs98550.www-

looker.info/wordpress/
◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

 

 

 

地場産業でEVビジネス展開の基礎を学ぶ改造電気自動車教室8月度開催

2012年6月に超小型モビリティガイドラインが発表され、これから地場産業でもEV事業に取り組む企業が増えることが予想される中、新潟県では改造電気自動車に対する補助金が用意され、改造電気自動車への関心も高まっている。

コンバートする場合、改造キットの部品をどの場所に取り付け、どういう方法で取り付け、安全面、乗りごこち、見た目のベストな取付方法を学ぶ。

改造電気自動車教室では、電源の自給自足をコンバートEVに搭載してある駆動用バッテリーを使って推進するために、スマートグリッド構想としてエネルギーの自給自足を見据える講義を盛り込んだ講義もある。

改造電気自動車教室

期 日 / 2012年 8月8日(水)9日(木)10日(金)の3日間
http://ecoschool8.com/2012school08.html

※主催人間行動科学研究所
2012年6月てづくり電気自動車教室参加者体験談
http://ecoschool8.com/2012school06.html

教室取材動画
http://www.youtube.com/watch?v=6-

B2SkVoup4&feature

【お問い合わせ】
EVhonda株式会社
広報Web担当 川瀬
メール:info◆loop8.jp ※◆を@に変えて下さい。

所在地
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716

◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/

◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/

◆エコスクールEVブログ
http://ebs98550.www-looker.info/wordpress/

◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/

◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

コンバートEV(改造EV)製作7月改造電気自動車教室開催

EVガイドラインの7月実施項目を網羅し移動用蓄電池車として活用できるコンバートEVの製作をする。7月度 改造電気自動車教室開催。
http://ecoschool8.com/2012school07.html


2012年5月から新潟県でコンバートEVに対する補助金が用意され、改造電気自動車への関心も高まっています。


また7月申請からEVガイドラインの実施項目も増えます。コンバートする場合、改造キットの部品をどの場所に取り付け、どういう方法で取り付け、安全面、乗りごこち、見た目のベストな取付方法を学ぶ。


改造電気自動車教室では、電源の自給自足をコンバートEVに搭載してある駆動用バッテリーを使って推進するために、スマートグリッド構想としてエネルギーの自給自足を見据える講義を盛り込んだ講義もある。


また、改造電気自動車教室は今後のEV事業を考える上で必要なコンバート方法やナンバー取得に向けた手順なども学ぶ事が出来る。


定員が決まっておりますのでご希望の月にご参加いただけない場合にはご容赦ください。


※改造電気自動車教室7月開催イーブイホンダ詳細ページ

期 日 / 2012年 7月4日(水)5日(木)6日(金)の3日間
http://ecoschool8.com/2012school07.html


体験談

2012年6月てづくり電気自動車教室参加者体験談

http://ecoschool8.com/2012school06.html

教室取材動画
http://www.youtube.com/watch?v=6-B2SkVoup4&feature

【お問い合わせ】
イーブイホンダ
広報Web担当 川瀬
メール:info◆loop8.jp ※◆を@に変えて下さい。

所在地
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716
◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/

◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/

◆エコスクールEVブログ
http://ebs98550.www-looker.info/wordpress/

◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/

◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/