EVガイドラインを網羅するコンバートEV(手作り電気自動車)の仕組みを学ぶ1月開催改造電気自動車教室

改造電気自動車教室1月開催ではコンバートEV製作を通してその構造を知る。中小企業でもコンバートEVや超小型モビリティであればEVビジネス参入のチャンスあり。新潟県ではコンバートEV製作に補助金を申請できる期間の延長が決定。

EVガイドライン施行で2012年7月から難しくなった改造申請の段階であきらめてしまう方が多い中、改造電気自動車教室へ参加した生徒さんたちは次々とナンバーを取得できております。

改造電気自動車(手作り電気自動車)教室で、既存のエンジンを降ろしたところへモーターを組み替える実習を通じて電気自動車の基本コンバートを学習できます。
超小型モビリティガイドラインが6月に発表され、地方の中小企業でもEV(電気自動車)であればビジネス参入のチャンスもあります。

改造キットの部品をどの場所に取り付け、どういう方法で取り付け、安全面、乗りごこち、見た目のベストな取付方法を学ぶことで自分で改造が可能になります。

新潟県ではコンバートEV製作に補助金を申請できる期間の延長が決定しました。

○改造電気自動車教室 1月度(コンバートEV製作実習)
期 日 / 2013年 1月9日(水)・10日(木)・11日(金)の3日間
改造電気自動車教室詳細ページ
http://ecoschool8.com/2013school01.html

※教室参加者のコンバートEVナンバー取得状況
http://ecoschool8.com/

【教室に関してのお問い合わせ】
EVhonda株式会社
広報Web担当 川瀬
所在地
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716

◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/

◆エコスクール
http://ebs98550.www-looker.info/wordpress/
◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

 

 

投稿者:

EVhonda株式会社

21世紀の産業革命といわれ、産業構造が大きく変わろうとしております。 現代の文明開化の夜明けに果敢に立ち向かう自動車整備業社やEVビジネスへ取り組むベンチャーの方々の出現や多くの異業種の方々の参加も、EV普及への大きな原動力になることが期待されます。 毎月開催される「てづくり電気自動車教室」へは、全国からコンバートEVやEV事業に関心のある参加者が集まります。 その中からEVのアドバイスの出来るEVアドバイザー研修も行っております。 人材育成におきましては、EVhonda(株)の前身でありました人間行動科学研究所で行っていたLOOP理論をもとに事業所向けの人材教育とコンサルタントで培ったノウハウが生きております。 今後の重要課題として、EV honda株式会社では、単なるEV改造にとどまらず、EV改造ビジネス化への支援活動およびREV(資源循環型を目指したEV改造計画)活動を強く推し進め、コーディネートして参ります。