【PLAYISM】感動のアドベンチャー作品『To the Moon』配信開始

報道関係者各位

株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイ アメストイ 本社:大阪市西区 http://www.activegamingmedia.com)は、アート性が高くオリジナリティあふれるPCゲームを厳選し販売する日本語版『PLAYISM(プレーイズム)』(http://www.playism.jp)にて、インディーズゲーム『To the Moon』日本語版の配信を開始いたしました。

《待望の日本語版、ついに配信開始。》

本作の舞台は近未来。主人公の2人は少し変わった仕事をしています。
それは、人生の最後の最後、思い残すことなく死を迎えさせるために、その思い残したことを叶えてあげること。
彼らは、あるマシンを通じて、人の記憶にコンタクトし、少しずつ過去へと遡りながら、記憶の奥深くに思い残した願いを設定します。
すると、マシンはその人の記憶と願いを掛け合わせ、叶えたかった夢へと向かう仮想の人生を再生します。
人の意識の中で、夢を叶えてあげるのです。
今回のオファーは、ジョニーという老人からの『月へ行きたい』という願い。
2人が老人のところへたどり着いた時には、もう彼はこん睡状態にありました。
どうして彼は、月へ行きたいのか?彼の一生はどのようなものだったのか?そして、彼は月へ行けるのか……。
この切なく美しい物語を、ぜひ体験してみてください。

《大人が涙できる、上質な音と物語。》

To the Moon配信にあたり、β版のレビュワーを広く募集し、参加者の方の中には涙された方も。また、言語のローカライズは
弊社アクティブゲーミングメディアで行い、こちらも高い評価をいただいております。レビューの一部をご紹介いたします。

“映像と言葉、そして音楽が融合した素晴らしい作品だった。心と胸とが熱くなった。” (旧世紀網膜博物館様)

“「喪失」を、実感として知っている、大人であればあるほど『To the Moon』に、より強く、胸を打たれる”(ASTRAL GATE様)

“伝統的なRPG形式かつドット絵による物語表現だからこそ、絶妙ななにかが成立してる”(9bit様)

“不自然な日本語はほぼ見当たらず、ビジュアルも相まって「日本のゲームです」と言われれば、疑う人も少ないだろう。(NYDGamer様)

待望の日本語版、ついに配信開始。
大人が涙できる、上質な音と物語。

【To the Moon】
■開発:Freebird Games
■Windows ゲーム
■ジャンル:アドベンチャー
■配信日時:2012年11月16日(金) 16時
■配信価格:980円
Copyright © 2012 Freebird Games

To the Moon商品ページ http://www.playism.jp/games/tothemoon/
PV: http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=UThF7h7A7UM#!

<会社概要>
会社名:株式会社アクティブゲーミングメディア
代表者:イバイ アメストイ
住所:大阪市西区靭本町1-12-6 オカザキビル2F
資本金: 1000万円