建設業許可申請の基礎知識

建設業を営むにあたっては、どのような業務を請け負うのかによって、国土交通大臣または各都道府県の知事からの「建設業許可」を得なければならないという決まりがあります。
これらは、「建設業法」で規定されています。
建設業許可申請をするには

例外として軽微な工事である場合は、許可を得なくても良いことになっていますが、原則として許可が必要とされています。
この軽微な工事に該当するものとしては、工事の請負金額が1,500万円未満の場合や、工事面積が150平方メートル未満の場合などがあります。

また、建設業許可は5年ごとに更新する必要が有ります。
この期限については都道府県などから通知が来るというようなことはありませんので、きちんと把握しておく必要があります。
許可通知書記載の期限が切れる前に忘れずに更新の申請を行うようにしましょう。