アジアンパートナーズで外国人技能実習生を受け入れ

ベトナム・フィリピン・中国・ネパールなどアジアの国々から日本の技術や技能を学び、身に着けようと多くの若者が来日しています。
彼らは外国人技能実習生として日本の各企業に就労し、技能実習を行います。

一般企業に就労するため言葉の問題や習慣の違いなどで様々なトラブルが起きることがあります。
そのため、外国人技能実習生と企業の間にサポートする管理団体が存在します。
アジアンパートナーズはこのような管理団体のひとつです。

アジアンパートナーズでは企業に配属される前の準備期間において、日本語教育だけでなく日本の習慣についても学びます。
また、配属されてから困らないように、基本的な日本語だけでなく、各配属先ごとに必要な専門用語なども教育課程において学びます。
また実習期間中は全期間完全サポートしているので、実習生も雇用企業も安心です。

参考サイト:外国人技能実習生のアジアンパートナーズ
アジアンパートナーズではベトナム・フィリピン・中国・ネパールの外国人技能実習生を受け入れしています。