滋賀県初! 「農地転用型太陽光発電現地見学会」開催決定!!~農家の高齢化による耕作放棄地問題を解決する最新スキーム!休耕地、田畑に設置する農地転用型太陽光発電!!~

【滋賀県にて2回開催致します】
 株式会社Eテックス(本社:京都府城陽市平川浜道裏27-9 代表取締役社長:武智淳一)は、京都・滋賀を中心に太陽光発電の施工・販売を行う企業です。この度、滋賀県にて県下初となる「農地転用型太陽光発電 現地見学会」を開催いたします。この農地転用型太陽光発電は、現代の農家を襲う問題を解決する新スキームとして注目を集めています。

 農家は、高齢化や後継ぎ問題によって農業を継続するのが困難になりつつあるため、休耕地、耕作放棄地は増え続けています。しかし、そのような悩みを一挙に解決するのが、この農地転用型太陽光発電です。これにより、後継ぎのいない農地、休耕地、未利用地を、太陽光発電用地として活用することで、農業ができなくなった農家の方でも売電による収入を得ることが可能になります。

 しかし、農地転用型太陽光発電は、農地の転用申請時に、太陽光発電として利用するための専門的内容の説明が必要となり、その専門のノウハウが必要であるため、全国的には普及しておりませんでした。そこで今回、現地見学会を開催することで、全国の農家の方々の悩みの新たな解決方法をお伝えできればと思い、発表させていただきました。

【このような企画をお考えの方へ最適です】
① 高齢化する農家の救済策を全国に広めたいという社会性の高い企画をお考えの方
② 今、話題の太陽光発電の新しい形「農地転用型太陽光発電特集」を取り上げたい方
③ 京都、滋賀の地元での最新のスマートエネルギー業界動向を取り上げたい方

【工事完成現地見学会概要】
2014年7月27日 滋賀県東近江市市ケ原町市ケ原224番
2014年8月3日  滋賀県高島市マキノ町西浜1192番
※両日共にAM10:00~PM17:00での開催

≪農地転用型太陽光発電に関する情報≫
【今日本の農家は深刻な問題を抱えています。】
□ 耕作放棄地が約40万haに増加しています。
 日本に耕作放棄地は現在39.6万haありますが、このうち約30万haは農地に復元して活用する予定です。残りの耕作放棄地と、これ以外に既に荒地になっている約8万haの合計約17.6万haを再生可能エネルギーに活用可能だと考えています。17.6万haあれば年間580億kWhの発電ポテンシャルがあると試算しています。

□ なぜ耕作放棄地が増えているのか?
 1つ目の理由は農家の方の高齢化です。高齢化により農業が続けられない、また農地を維持するための草刈などができなくなっています。さらに2つ目の理由は後継ぎ問題です。高齢化されている農家の息子は大多数が都市部に出稼ぎにでており、農業を継がないという方がほとんどです。3つ目は土地の問題です。土地改良が必要であったり、道路条件が悪く手作業でしか作業ができない農地も多いというのが現状です。そういった背景から耕作を放棄する方が後を絶ちません。
 そのため、高齢化で農業ができなくなった多くの農家は、収入面はもちろん税金の支払いや相続の問題に頭を悩ませているのです。

□ これらの問題が「農地転用型太陽光発電」で解決できます。
 これらの問題を解決する方法として今、注目を浴びているのが農地転用型太陽光発電です。
まず、20年間も安定した売電収入を見込める上、実質0円で導入することが可能です。したがって、収益を上げられるので、農家の方の年金代わりにもなります。
 しかし、一つ大きな問題がありました。農地の地目変更(転用)申請が通りにくいことです。
 太陽光発電を行う上で農地転用を行うのは特殊なノウハウが必要になります。しかし弊社では農地専用の農地転用型太陽光発電を得意としております。今回は、最新の2物件が完工しましたのでプレスリリースを配信させていただきました。

「もし高校に原発があったら?」を描く演劇『学校に原発ができる日』、インターネットで出資者を募集!

オーブンアイズ合同会社(代表:越坂康史(映画監督))は、俳優の奥嶋広太、脚本家の黒川美絵とともに、劇団を新結成し、「もし高校に原発があったら?」を描く舞台『学校に原発ができる日』を公演する予定、その製作費の一部をインターネットで募集している。

『学校に原発ができる日』は、3.11以降のニッポンの混乱を学校に置き換えて皮肉る作品。レンタルDVDで人気の『ミッシング77』シリーズの監督、越坂康史が舞台初演出、同作出演の奥嶋広太、脚本の黒川美絵とともに、社会的メッセージをブラックユーモアで綴る野心作となる。さらに後日、公演映像はDVD映画作品として再構成してリリースする予定。
すでにクラウドファンディングサイト「motion-gallery」(http://motion-gallery.net/)で、インターネットからの支援を500円から募っている。製作費を出資してくれた方には、金額に応じて公演チケットやDVDなどが貰える特典がある。

『学校に原発ができる日』ウェブサイト
http://www.oveneyes.com/gakko_genpatsu/

・公演予定
2013年2月20日(水)より24日(日)まで
於 pit北/区域
(東京・北区 JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分・東京メトロ南北線5番出口より徒歩30秒)
・DVDリリース予定
2013年5月頃を目標にオルスタックソフト販売よりリリース予定

会社概要
オーブンアイズ合同会社
代表者 越坂康史
所在地 150-0044 東京都渋谷区円山町28-8 第18宮庭マンション301
電話 050-3118-0912 FAX 03-3770-6026
HP http://www.oveneyes.com/
事業内容 映像制作

オキドキサイエンス、「福島県りょうぜん里山がっこう」へ霧箱キット寄付

報道関係者各位
プレスリリース           2012年11月20日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「福島県りょうぜん里山がっこう」へ霧箱キット寄付
~放射線が見える実験を通し、科学の魅力を届けます~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「科学は楽しい!」をコンセプトに科学教材の開発販売事業を展開する、株式会社オキドキサイエンス(本社:東京都国立市、代表取締役:鈴木 孝一、以下 オキドキサイエンス)は、NPO法人りょうぜん里山がっこう(本社:福島県伊達市霊山、校長:高野すみ子、以下 りょうぜん里山がっこう)が2012年11月25日に開催する里山まつりへ、オキドキ実験キット『霧箱』を11ケ寄付いたします。

当日、現地では株式会社ニューザック(本社:東京都目黒区、代表取締役:常磐井 守泰、、連絡先:080-1378-3676、以下 ニューザック)が、子供たちと一緒に『霧箱』を組み立てるなどの指導、及び原理の解説を行います。ニューザックは、東京工業大学発の第55号認定ベンチャー企業で、福島県伊達市でセシウムの除染を通じた被災地支援活動、及び宮城県塩釜市の浦戸諸島の復興に向けたカキの養殖の支援活動を行う会社。代表の常磐井氏から、「子供たちが楽しい一日を過し、また科学の面白さを体験して欲しい」と里山まつりへの協力依頼があり、それらの活動にオキドキサイエンスが共感し、今回の寄付が実現しました。
りょうぜん里山がっこうは、3.11事故の避難者に宿泊を提供しました。また、今年7月からは放射能測定室が開設され、コメ、野菜、果樹などの測定依頼にも応えている地域密着型のNPO法人です。

■霧箱について
放射線を可視化する『霧箱』。過飽和状態のアルコール蒸気の中を、放射線が通過すると、その飛跡に沿って液滴が凝結して見えるという原理。通常、目で見ることができない放射線を、身近な道具と材料で観察することができる装置として知られています。オキドキサイエンスのキットは、霧箱制作に必要な道具と放射線源がセットになっており、食品用ラップフィルムとドライアイスを用意するだけで放射線の飛跡が観察できます。

平成24年度より全面実施されている中学校の新学習指導要領では、理科で約30年ぶりに放射線教育が復活しています。放射線に対する科学的理解を深める教材として、霧箱の活躍が期待されています。

オキドキサイエンスは、今後も子どもから大人まで、科学への関心と興味を引き出し、好奇心を満足させる商品とサービスを提供していきます。

■会社概要
商 号: 株式会社オキドキサイエンス
代表者: 代表取締役 鈴木 孝一
所在地: 〒186-0002 東京都国立市東2-23-20
設 立: 2011年12月
事業内容: 科学教材、実験キット、知育玩具の開発及び輸入、販売
URL: http://okidoki-science.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社オキドキサイエンス 広報担当:鈴木
TEL:042-575-7479
E-Mail:ir@okidoki-science.com

酒田市では初めてとなる軽トラックのコンバートEVの展示

山形オートリサイクルセンターはさかた産業フェア2012に酒田市で軽トラックのコンバートEVを初展示。

さかた産業フェアは地元のものづくり企業が集まり開催する。

今回のさかた産業フェア2012では国内有数の技術を持った多くの地元企業が出展し、地域の皆さんに酒田のものづくりのすばらしさを知ってもらう機会として製造業を中心とした企業が出展するほか学校の参加もあり、同時開催される商工会地区出前産業フェアとあわせて、約50団体が出展する。

山形オートリサイクルセンターではEVhonda(株)で研修を終えたEVアドバイザーの製作したコンバートEVを展示する。
今回は酒田市では初めてとなる軽トラックのコンバートEVの展示と試乗も行う
コンバートEV(改造電気自動車)は今までの固定型蓄電池設備と違い移動式蓄電池となり通信機器の充電や非常時の電源としての使用も可能となる。
山形オートリサイクルセンター代表の伊藤氏はEVアドバイザー研修に参加した社員の熱意と技術を見てもらいたいと語る。

さかた産業フェア2012
日 時 平成24年10月13日(土)~14日(日) 10時~17時(14日は16時)
場 所:酒田市体育館(酒田市入船町3番20号)
参加費 無料

【さかた産業フェア2012に関するお問い合わせ】
担当課:商工観光部 商工港湾課
担当:工業労政係
TEL/FAX:0234-26-5757/0234-22-3910
URL:http://bit.ly/UHPFJ6

【本件に関するお問い合わせ】
山形オートリサイクルセンター株式会社
担当:遠田
所在地 〒998-0104
山形県酒田市広栄町2丁目226番地の2
電話 0234-31-2522(代)
http://www.yarc.jp/

【情報配信】

EVhonda株式会社
広報Web担当 川瀬
◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716

◆改造電気自動車教室
http://ecoschool8.com/
◆エコスクールEVブログ
http://ebs98550.www-looker.info/wordpress/
◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

 

 

EVhondaは2012おぢや環境フェアに参加し小千谷市初となるコンバートEV展示

2012おぢや環境フェアは、地域環境と地球温暖化防止などの問題を考えてもらうために今年はコンバートEV車を2台展示する。
http://www.evhonda.jp/ibent1.html

おぢや環境フェアは私たちを取り巻く地球環境の問題を考え、その解決のためにすべきことをみんなで考えようと開催されている。
2012おぢや環境フェアでは環境・省エネPRコーナー・省エネ・エコ機器等紹介コーナーを野外にて開設し広く小千谷市内外の方々にも参加してもらう。
私たちの生活で地球資源の枯渇や地球温暖化などの問題を生み出しました、2012おぢや環境フェアで地球環境についていま一度考えてもらう機会にして欲しいと開かれる。

会場では小千谷市では初めてとなるコンバートEVの展示も行います。小千谷市は中越地震、中越沖地震と2度の災害に見舞われた地域です。
コンバートEV(改造電気自動車)は今までの固定型蓄電池設備と違い移動式蓄電池となり通信機器の充電や非常時の電源としての使用も可能となる。
EVhondaでは太陽光パネルで作られた電力を蓄電するシステムを備えたコンバートEV1台とEVアドバイザー(有)山田自動車から自作したコンバートEV1台を展示する。

2012おぢや環境フェア開催

日 時 平成24年10月07日(日)午前10時~午後3時30分
会 場 小千谷市総合体育館コミニュティプラザ(屋外)
参加費 無料

○環境・省エネPRコーナー
○省エネ・エコ機器等紹介コーナー
・EVhonda(株)と(有)山田自動車ではコンバートEV2台の展示と無料相談会も開催
・占いコーナーでは「2013年 時のリズム」を無料プレゼント
詳細 http://www.evhonda.jp/ibent1.html

【本件に関するお問い合わせ】
おぢや環境フェア実行委員会
事務局 小林
小千谷市市民生活課
〒947-8501
小千谷市城内2-7-5
・電話 0258-83-3509
・FAX  0258-82-8664

【情報配信】

EVhonda株式会社
広報Web担当 川瀬
◆EVhonda株式会社
http://www.evhonda.jp/
〒940-0856
新潟県長岡市美沢2-194-2
電話 0258-36-4716

◆てづくり電気自動車教室
http://ecoschool8.com/
◆人間行動科学研究所
http://01.loop8.jp/
◆最新情報
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

 

 

深緑の見頃を迎えた奥入瀬渓流。
ホテルの外湯「八重九重の湯」(やえここのえのゆ)では、
紅葉時期になると、このような光景に出会えます。

例年であれば、10月20日ころから11月10日ころが一番の見頃となり、
鮮やかな色彩を描いてくれる奥入瀬。
赤・黄と様々な表情を魅せてくれます。

ホテルから少し離れた静かな山あいに佇む森のお湯「八重九重の湯」。
すぐ目の前には、清涼な「九重の瀧」が流れ落ち、絶景を楽しみながら湯浴みができます。
ほんのり白いお湯は、八甲田山中から湧き出るきめの細かい柔らかなお湯。
八甲田の良質な温泉浴はもちろんのこと、
森の息吹を感じる森林浴・滝から発するマイナスイオン浴の3つが一度に楽しめるのは、至福のひととき。
また、朝と夜では違う表情を持つ「八重九重の湯」、
朝は霧がかった中に柔らかな陽光が差し込み、
夜はライトアップされ幻想的な光景が広がります。
ホテルにお越しの際は、
是非、ご堪能ください。

星野リゾート奥入瀬渓流ホテルのプロフィール
奥入瀬渓流沿いに唯一建つリゾートホテル。
八甲田から湧き出る温泉が溢れる露天風呂や、岡本太郎の巨大暖炉があるラウンジが癒しの空間を醸し出す。
奥入瀬の一番美しい朝のひと時を体感できるプログラムが満載。
渓流沿いでの朝食や目前調理が人気のビュッフェレストランでは青森の食材を中心とした料理を味わえます。

【お問い合わせ先】
会社名 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
担当者 竹内 博史
〒034-0398
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
TEL:0176-74-2121
FAX:0176-74-1118
URL: http://www.oirase-keiryuu.jp/

「不動産王ビジネスモデル特許」ライセンス開始

今年2月17日にビジネスモデル特許を取得した不動産物件リクエストサイト「不動産王」(http://393939.com)を運営する株式会社都城地所不動産王開発チームは、7月1日より当該特許について国内の複数企業とのライセンス交渉を開始する事を決定した。東京都内での代理人の選定も終わっており、随時交渉を開始する。

システムの拡散により、全国の宅建業で8割以上を占める零細企業のランニングコストの削減と利益率の向上を目的とし、ライセンシー選定にあたってはその点を重要視する。

同システムは、上記により平成20年度九州IT経営力大賞地域賞を受賞している。

当該特許は不動産関連であるが、飲食・自動車販売など幅広い分野で応用できる。

◆ライセンス内容は通常実施権もしくは専用実施権。

◆特許4924890号(情報提供システム及び方法)

「不動産王」特許とは?

最大の特徴は、データベースにデータを保有しない情報提供システムであり、お客様が一度に多数の営業マンに匿名でリクエストを配信でき、お客様の指定した一定の条件をクリアした営業マンの回答のみがお客様に伝わり、最終的にお客様による営業マンへのコンタクトによって直接交渉ができるもの。

現在主流のサイト閲覧型の情報流通システムと違い、「営業マン-お客様」双方の時間コスト及び労務コストを大幅に軽減でき、成約までの時間短縮に繋がる上、宅建業界内で多数を占める零細企業の費用対効果を格段に押し上げる事も可能になる。また、当該特許は、携帯端末(携帯電話・スマートフォン・タブレット端末等)での利用を主軸に置いており、零細企業にとっては機動力の高い活用ができるものとなっている。

意外と盲点!地震のエレベーターの閉じ込め被害 非常用防災用品「EV椅子」インターネット全国販売開始 

株式会社アイポケット(本社:横浜市中区、代表取締役:赤澤 渡)は、エレベーターの非常用防災商品「EV椅子」を2012年4月3日(火)よりインターネットで全国販売します。

■大地震よるエレベーター閉じ込め被害が想定される
2011年に発生した東日本大震災、この大地震による余震は現在も続いております。東京大学地震研究所は4年以内に首都直下型地震は70%の確率で起こると発表しており、地震はいつ起きてもおかしくない状況になっております。

平成17年7月23日、千葉県北西部を震源とする最大震度5強の地震が発生し、首都圏では約64,000台のエレベーターが運転停止となり、78件の閉じ込めが発生しました。
また、平成18年5月の東京都防災会議では、首都直下地震による東京の被害想定では、東京湾北部を震源地にM7.3の地震が発生すると、エレベーター約14,5万台のうち約9,200台で閉じ込めが発生すると想定されています。

国土交通省によると、東日本大震災で宮城、秋田、東京など15都道県で少なくとも計207台のエレベーターが突然停止するなどして. 人が閉じ込められたという集計結果が発表されています。首都直下型の大地震が起きた場合、さらに多くの被害が発生する可能性があるかもしれません。

■企業のリスクマネジメントに
高層ビルや高層マンションは、エレベーターでの移動が日常的。もしもエレベーターの移動中に大地震などの災害が発生した場合、途中で止まってしまい、中にいる人は閉じ込まれることになります。その場合、食料や飲み物、トイレなど人間にとって必要なものがなければ大変なことになります。最悪の場合は、生命の危機にも直面してしまいます。そのような事態を解決してくれるのが非常用防災商品「EV椅子」です。

EV椅子を設置することにより、企業の「地震に対する取り組み姿勢」を表すことができ、そして多く人を助けることができます。それが企業のリスクマネジメント(信頼性強化)につながります。

■マンション・ビルの管理会社、オーナー、管理組合様に
EV椅子は既設のエレベーターに簡単に設置でき、非常用トイレとして、また非常用救援物資の収納庫として使用していただくことで、長時間の待機になっても安心とゆとりの気持ちで復旧・救助を待つことができます。また、普段は障害者の方やお年寄りには椅子として利用ができ、安心と快適な空間を提供できます。
EV椅子の設置は、もしもの場合に多くの人命救助に役立つことができ、またそれ以上に毎日エレベーターを使用する人に安心感を与える役目があります。

■商品の詳細概要
◎EV椅子(防災対応)・トイレ用品付 66,150円(税込)
重量:9,8kg
カラー:ライトゴールド、ブラウン、アイボリー
付属品:耐震用接着マット、ポリ袋(20枚)・トイレットペーパー(1個)・消臭剤(1個)・便凝固剤(20回分)・(ブランケット2枚)

◎EV椅子(防災対応)・非常用備蓄品Aセット 71,400円(税込)
重量:12,3kg
カラー:ライトゴールド、ブラウン、アイボリー
付属品:耐震用接着マット、サイリュームライト(1本)・非常用食料(内容量475グラム/1個)・非常用飲料水(500ml×3本)・救急用品(1セット)・ホイッスル(1個)・ポリ袋(20枚)・トイレットペーパー(1個)・消臭剤(1個)・便凝固剤(20回分)・(ブランケット2枚)

◎EV椅子(防災対応)・非常用備蓄品Bセット 81,480円(税込)
重量:12,3kg
カラー:ライトゴールド、ブラウン、アイボリー
付属品:耐震用接着マット、発電式多機能ラジオ(1台)・サイリュームライト(1本)・非常用食料(内容量475グラム/1個)・非常用飲料水(500ml×3本)・救急用品(1セット)・ホイッスル(1個)・ポリ袋(20枚)・トイレットペーパー(1個)・消臭剤(1個)・便凝固剤(20回分)・(ブランケット2枚)

http://ipocket-shop.com/elevator-tojikome/

-会社概要-
会社名   : 株式会社アイポケット
本社    : 〒231-0023 
神奈川県横浜市中区山下町194 横浜ニューポートビル3FA
代表取締役 : 赤澤 渡
設立    : 2001年3月12日
資本金   : 1,000万円

-お問い合わせ-
株式会社アイポケット
担当 金岩 大介
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町194 横浜ニューポートビル3FA
TEL 045-680-0515
FAX 045-662-7737
メールアドレス kanaiwa@i-pocket.co.jp