ベビーシッター、家事代行のハニークローバーがサービスを開始しました。

ベビーシッター、家事代行を手掛けるハニークローバー株式会社がサービスを開始しました。

http://www.honeyclover.co.jp
ベビーシッターは定期会員とスポット会員に分かれ、定期会員は入会金21,000円(家族単位)、月会費945円(お子様単位)、一時間1,780円で提供し、スポット会員は年会費、月会費無料、一時間2,280円で提供します。サービス内容に違いはなく、月6時間以上の利用により定期会員の方がお得になる仕組みとなっております。

家事代行は定期会員が入会金無料、月会費945円、一時間2,280円で提供し、2ヶ月に3回以上の利用が条件となり、スポット会員は入会金、月会費無料、一時間2,980円で提供します。定期会員は不在時対応を提供しております。

サービスエリアは東京、神奈川、千葉、埼玉を中心としておりますが、お客様からのご要望により、なるべくお受けできるよう最大限努力いたします。

ハニークローバーの魅力はシッティングや家事代行のサービス品質だけでなく、お子さまの特徴や、保護者様不在時の来訪者対応や宅配便の受け取りなど御家庭内での対応についてのご指示内容も各スタッフが事前に引き継ぎ・共有をすするため、シッターが変わっても同じ品質のサービスを提供でき、ストレスなく利用することができます。家事代行においても同様の引き継ぎを徹底して行い、家族が一人増えたような感覚でサービスを利用することができます。このようなサービス品質+事務手続きの徹底を現場のスタッフだけでなく会社全体で取り組むことにより、安定したサービスを提供することができております。

ベビーシッターは病児保育、外国人シッターの派遣、シッター宅での保育、シッティング+家事のサービスから選ぶことができ、保育園や塾などの送迎や発育につながる遊びやお勉強のサポート、外国語の勉強など保護者様のご要望に合わせたオーダーメイドのシッティングプランをお届けします。
家事代行は一般家事のみならず、便利屋さんの提供する一般サービスもスポットサービスとして提供し、お墓参りの代行や遠方のご両親の見守りなど、生活全体をサポートする取り組みをしております。

安心、安全、発育を理念に運営するハニークローバーをぜひご利用ください。

ハニークローバー株式会社
東京都品川区西五反田2-12-15 609
03-6431-9647
広報担当:丸山静

翻訳支援ツール「Google Translator Toolkit」

米Googleは2009年秋に機械翻訳と手動翻訳を混合させた翻訳ツール「Google Translator Toolkit」を発表した。我々翻訳者にとって非常に有難いツールだが、日本の大手翻訳会社はこれをどのように受け取っているのだろうか。
Google Translator Toolkitの簡単な説明をすると「辞書やユーザーが作成した用語、これまで翻訳結果を蓄積した翻訳メモリを活用できるツール」となる。世界中に散らばる翻訳者による翻訳結果はデフォルトの状態では国際的に共有される翻訳メモリに保存されることになる(共有メモリに保存しないように設定可能)。他ユーザーと情報を共有し共に翻訳作業を実施することも可能である。我々翻訳者の作業効率を大変良くそして楽にしてくれる優れたツールであると思う。

 しかし、このツールの登場を日本の翻訳業者はあまり嬉しく思っていない様だ。先日、フリーランス翻訳者として登録している某大手翻訳会社から「Google Translator Toolkitを使うな」とのメールを頂いた。メールの内容を要約すると『プライバシーの保護』だそうだ。勿論、機密文章が世界共有のメモリに保存、蓄積されることは非常に危険なことであると認識している。そこで、メールを送信した某大手翻訳会社の担当者に電話にて直接問い合わせたところ「何せよ、皆がこれを使いだしてしまうと、我々翻訳業者の仕事が無くなりますからね。」と苦笑された。

個人的に翻訳業者こそ翻訳業界により貢献すべきだと考える。従ってこのような考えに対し理解し難いところがある。Google Translator Toolkitのような優れたツールが多ければ多い程、翻訳業界はより発展するのではないでしょうか。